アトピー用のステロイドの種類と強さに気をつけろ!

アトピー性皮膚炎用の代表的な薬である「ステロイド外用薬」にはいろいろな種類があり、薬の強さも段階があります。

多くは皮膚科のお医者様が症状に見合ったものを出してくれます。

ですが、自分の事は自分で理解しておきたいところ。

塗り方や薬の強さを間違って使用してしまうと、治療がなかなか進まない原因ともなりますので、ある程度の知識は持っておくと良いですね。

ステロイドの種類と強さ

ステロイドの強さには5段階の強さがあります。

1,strongest 最強

2,very strong かなり強い

3,strong 強力

4,medium まあまあ

5,weak 弱い

 

私はstrongestを使うほど酷くなった事はないので、

よく処方されていたのは、

『ネリゾナ』(2,very strong かなり強い)

nerizona

『リンデロン』(3,strong 強力)

rinderon

『ロコイド』(4,medium まあまあ)

rokoido

あたりの薬です。

また、人間のカラダは部位によって薬の吸収率が違うので、

顔、首用とカラダ用で違った薬をつけていました。

例えば、ネリゾナはカラダ全体(胸、背中、腕、肩など)

nerizona

ロコイドは(顔、首)という感じです。

rokoido

顔や首は吸収率が高いので、弱い薬でという場合が多いですね。

また、頭の皮膚もかなり吸収率が高いし、塗りづらいので、クリームやジェル状ではない、液体状の薬をつけていました。

rinderon

こんな感じでステロイドと言っても種類がありますので、やみくもに使用せずに、

自分の症状にあったものを使用するようにした方がいいですね。


いつもクリックありがとうございます!

コメントを残す