お風呂に入らないとアトピーはどうなる?

9f0fb5168b0c267ba4bca9482d5f1ed7_s

アトピー皮膚炎の方でお風呂嫌いの人はどうなるのでしょうか?

実は私もあまりお風呂は好きではありません。

外で働いて帰ってきて、くたくたになっているとお風呂に入りよりも寝たい欲望の方が強くなるんですね。

で、帰ってきてそのまま寝てしまい、朝シャワーだけを浴びてまた外に出る、という繰り返し。

休日ともなると、一日中家のなかにいることも多いですから、そんな時はお風呂に全く入らないなんてこともあるわけです。

 

しかし!

アトピー持ちの人にとっては、非常に良くない行動だということは薄々わかっていることかと思います。

 

原因は、アトピーに大敵の「乾燥」

アトピー持ちの人は日頃から乾燥に敏感だと思います。

特に乾燥する冬の時期は、保湿がとても大事。

化粧水や乳液など、乾燥による外部刺激をなるべく抑える保湿剤を使った方がいいのは明白ですね。

これは、女性のみならず男性にも言えることですが、

とかく男性は保湿剤をつけるのが習慣になってない人が多いと思います。

一日中家にいる時なんかは面倒くさがってなにも肌のお手入れをしないのが普通かと思います。

そこでさらにお風呂にも入らないと、乾燥肌が一気に加速してしまいがちです。

アトピー持ちの人の正しいお風呂の入り方

めんどくさいお風呂をなんとか入りましょう。

乾燥がひどくなってアトピーが悪化する方がいやですよね。

ですが、お風呂に入るにしても正しい入り方を守らないと余計悪化することもありますので、以下のことに気をつけると良いかと思います。

体をゴシゴシ洗わない。

お風呂に入って綺麗にしようとするあまり、方だをゴシゴシ洗ってしまうことがあります。

これは、肌を傷つけ、肌のバリアを壊すことになってしまうので、やさしくなでるように洗った方がいいでしょう。

ボディソープや石鹸は全身に使わない

湯シャンという言葉を聞いたことはありますでしょうか?

お湯でシャワーする、の略かと思われますが、

その名の通り、あまりボディソープや石鹸は使わない方がアトピーの人にとってはいいのです。

なぜなら、ボディソープや石鹸に含まれる界面活性剤などの成分によって

からだの内部から分泌される皮脂までも落とされてしまうからです。

タモリさんや福山雅治さんもやっているそうですが、

お湯だけで洗っても汚れを落とすことは可能なんです。

 

アトピー持ちにとって、皮脂は肌を守るバリアになるものですから、

全ておとしてしまわないように気をつけた方がいいかと思います。

どうしてもボディソープなどを使う場合は、

局部や脇のした、足など、特に雑菌がたまりやすい部位だけにして、

顔や首などデリケートな部分はお湯だけで十分と思います。

 

こんな感じで、アトピー持ちでお風呂嫌いな方は、手間をかけずにささっと効果的なお風呂の入り方をマスターしちゃいましょう!


いつもクリックありがとうございます!

アトピーや乾燥肌に効く「セラミド」って?

乾燥する季節になると、アトピーが悪化したり、乾燥肌が一層乾燥して肌がポロポロ、カサカサになったりしますよね。

普段からアトピーに悩まされている方は保湿が大事とはわかっていると思いますが、

保湿に重要な成分「セラミド」についてはご存知でしょうか?

肌に重要な成分「セラミド」を知ったきっかけ

私もアトピーがひどくて皮膚科に行っていた時、先生からオススメされたものがあります。

それが、「セラミド」が入っている化粧水を使ったらいい、ということ。

もちろん皮膚科なので、アトピーに効く塗り薬や飲み薬を処方してもらうんですけど、

ぶっちゃけると、あまり薬には頼りたくないんですよね。

ステロイドの副作用や飲みすぎて効きにくくなると思っているので、なるべく新薬に頼らないでアトピーに付き合った行きたいな、と思っていました。

そんな中、市販でもセラミドが入っている化粧水はあるから、普段使いとしてはそういったものを使ってみてもいいと聞き、いい先生だな〜と思ったのですよ。

セラミドって一体何なの?

セラミドとは、お肌のバリア成分です。

もともと、人間はセラミドを自動で生み出せるようになっているのですが、

なんらかの理由でセラミドが不足することがあります。

それは、老化や

ストレス、睡眠不足などの生活習慣、

それにアトピーの人などは、もともとセラミドを作り出しにくい肌質

ということも理由としてあげられます。

バリア成分であるセラミドが不足すると、知っての通り

肌が乾燥したり、かゆくなったり、アトピーが悪化したり悪循環を繰り返すわけです。

セラミド不足を補うには

では、バリア成分であるセラミドを上手におぎなってあげればいいわけですが、

どうやったらよいのでしょうか?

それは、外部からの補填をする方法と、内部からの補填をする方法があります。

外部からの補填は、化粧水などでセラミドが含まれているものを利用すること、

内部からの補填は、サプリメントなどでセラミド成分の入っているものを摂取することです。

こういったものを上手に利用して、つるつるすべすべなお肌作りを目指していきたいですね。

また、根本的に直すためには、なるべくお肌にストレスのかからない生活習慣を気をつけることが最も大事だと思います。

 

 


いつもクリックありがとうございます!

アトピーは自分の鏡

スクリーンショット 2014-11-16 16.25.53

 

アトピーを治そう治そうとしているあなたへ。

 

『アトピーは自分の鏡』という言葉を考えてみるといいかと思います。

 

アトピーは自分の皮膚に出るものなので、

単純に皮膚用の塗り薬や皮膚に効く飲み薬で対処してしまいがちですよね。

 

確かにそれは短期的には効果が出ます。

 

特にとても酷い状態のときは、薬の効果で症状を抑える、といった意味では使った方が確かにいいです。

 

しかし、これは押さえ込んでるだけなので、またすぐ再発する可能性が高いのですよね。

 

マグマが活動しているのに、表面だけにコンクリでフタをしても、マグマの圧力で表面は吹っ飛ばされてしまうのです。

 

そうすると、内部から治す必要があるのですが、

食生活を変えたり、生活習慣を変えたりして、ということだけでも効果が出ない場合があります。

「なんでだろう、外側も固めたし、内側もきちんとしているつもりなのに、、、」

 

実は、内側を変えるということは、食事や生活習慣だけでなく

考え方も変える必要があるのです。

 

「早く治さなきゃ」

「いいかげんに嫌になった」

「なんでこんなにやってるのに治らないんだ」

 

 

こんなことを考えていると、その考えも一緒に出てしまうのですね。

 

最初に言った「アトピーは自分の鏡」とは、こういった意味でもあるのです。

 

 

ですので、アトピーのことをそんなに思い詰めて考えすぎないようにするといいかもしれません。

 

やれることはやっているのだから、あとは、そんなに気にしないで日々の生活を楽しんでみるのです。

 

心の持ち用が鏡となって皮膚に現れてくるとしたら。。。

 

 

あなたはどんな考え方をしますか?


いつもクリックありがとうございます!

大人のアトピー性皮膚炎、洗いすぎが原因?

man

先日ウォールストリートジャーナルの記事で
「乳児のアトピー性皮膚炎、洗いすぎが原因」
という記事がありました。

これによると、アトピー性皮膚炎の原因は、
・入浴頻度
・せっけんやシャンプーの含有成分
・入浴後に適切に皮膚を保湿しているかなどの要因
だそうです。

親がよかれとやってあげていることが、意外とダメだということです。

これって、大人にも当てはまるんじゃないかと思います。

昔タモリさんがどこかで言っていましたが、
「石けんは使わない。お湯で洗うだけ」でもキレイに肌の汚れは落ちるらしいです。

大人でもよかれと思って使っているものが悪影響を及ぼしていることはありそうです。

私の場合は、アレッポの石けん等自然派のものを
極力使うようにしていますが、
洗いすぎて皮脂が落ちすぎた時は、
これまた自然派の化粧水等で保湿をするようにしています。

ただ、自分の肌に合わない成分が含まれていると、
余計悪化する場合があるので、
こればっかりは、一人一人試してみて
自分の肌に合わないものは
使わないようにする方がいいですね!




いつもクリックありがとうございます!

適度な運動でアトピーを改善するには

cycling

アトピーには運動も大切な要素です。

 

皆さんは交感神経、副交感神経という言葉を聞いた事があるでしょうか?

 

 

簡単に言うと、交感神経は、激しい運動やストレスによって、神経が高ぶっているときに優位になる神経。

 

副交感神経は、休息時やリラックスしたときに優位になる神経です。

 

アトピーと神経の関係はどちらがよいのでしょうか?

交感神経優位?

副交感神経優位?

 

 

 

答えは「どちらも行き過ぎるとアトピーの原因になる!」です。

 

ストレスや負荷をかけすぎるとアトピーが悪化するのは想像がつくと思います。

これは、活性酸素という物質がカラダの中で作られ、

炎症が起きやすくなるためです。

 

また、あんまりゆったりとしすぎても、アトピーには良くないのです。

なぜならリンパ球という物質がカラダの中で増え、免疫が過剰になるためです。

 

ではどうするのがよいかというと、「適度な運動」になります。

 

軽いジョギングやサイクリングなど、ハアハア息をきらさない、軽い運動が一番アトピーには効果的です。

できるだけ負荷のかからない運動を毎日行ってみると、

体調もよくなりますし、おすすめですよ!

 

run


いつもクリックありがとうございます!