アトピー用のステロイドの種類と強さに気をつけろ!

アトピー性皮膚炎用の代表的な薬である「ステロイド外用薬」にはいろいろな種類があり、薬の強さも段階があります。

多くは皮膚科のお医者様が症状に見合ったものを出してくれます。

ですが、自分の事は自分で理解しておきたいところ。

塗り方や薬の強さを間違って使用してしまうと、治療がなかなか進まない原因ともなりますので、ある程度の知識は持っておくと良いですね。

ステロイドの種類と強さ

ステロイドの強さには5段階の強さがあります。

1,strongest 最強

2,very strong かなり強い

3,strong 強力

4,medium まあまあ

5,weak 弱い

 

私はstrongestを使うほど酷くなった事はないので、

よく処方されていたのは、

『ネリゾナ』(2,very strong かなり強い)

nerizona

『リンデロン』(3,strong 強力)

rinderon

『ロコイド』(4,medium まあまあ)

rokoido

あたりの薬です。

また、人間のカラダは部位によって薬の吸収率が違うので、

顔、首用とカラダ用で違った薬をつけていました。

例えば、ネリゾナはカラダ全体(胸、背中、腕、肩など)

nerizona

ロコイドは(顔、首)という感じです。

rokoido

顔や首は吸収率が高いので、弱い薬でという場合が多いですね。

また、頭の皮膚もかなり吸収率が高いし、塗りづらいので、クリームやジェル状ではない、液体状の薬をつけていました。

rinderon

こんな感じでステロイドと言っても種類がありますので、やみくもに使用せずに、

自分の症状にあったものを使用するようにした方がいいですね。


いつもクリックありがとうございます!

ステロイドの副作用を抑えてアトピーを治すには

アトピー持ちの方が皮膚科に行くと、ほとんどの方がステロイドという薬を処方されます。

ただ、このステロイド外用薬っていうのが副作用があるのではないかということで、

あまり使わないでアトピーを治したいという人が多くいます。

 

私もステロイドはあまり使いたくないなーというのが本音です。

そこで、ステロイドにはどんな副作用があるのか、そして使わないで治療するにはどうしたらよいのか書いてみます。

 

ステロイドの副作用

1,皮膚がうすくなる

ステロイドは使いすぎると皮膚がうすくなるようです。

そのため、血管が浮き出て見えたり、色が赤紫のように見えたりします。

 

2,免疫力が弱くなる

ステロイドには免疫力を抑える働きがあるようです。

そのため、カビ菌などが繁殖されやすくなってしまう時があります。

具体的な症状としては、アトピーとニキビが両方出ているとき、

ステロイドを塗っているとニキビの菌を抑える働きが弱くなって、

ニキビが悪化することが起こる場合があります。

かといってステロイドをやめると、アトピーが悪化したり、、、悩ましいですね。

 

3,リバウンドする

ステロイド薬の塗布を中途半端にしてしまうと、先ほど言った菌の感染も相まって

前よりも悪化してしまう事があるようです。

 

このように私が体感したものも含めて、副作用があるようです。

また、よく言われる副作用に「色素沈着」があるのですが、

これは、炎症が直ったときに赤黒く見えるだけで、

ステロイドの副作用ではないらしいです。

 

ステロイドを使わないでアトピーを治すには

 

これは、私の体験でもあるのですが、アトピーがものすごく酷いときに、ステロイドを使わないで治そうとしても、つらすぎます。

痒み、痛みが怒濤のようにおしよせてきますので。

ですので、酷いときには我慢せずにステロイドを塗った方が早いです。

ただし、我慢ができるような状態になったら、ステロイドを塗らずに

質の良い化粧水などで保湿に専念したほうがいいです。

保湿は本当に大切なので、男の人でも保湿剤は使った方がいいですよ。

長い目で見たら、ストレスを溜め込まないようにするとか、食事等の生活習慣をきちんとすることが、治療になりますので、普段から意識しておくといいですよ。


いつもクリックありがとうございます!